このサイトは記事内に広告が含まれています。

【東京浴場】優しい水温の樽水風呂 昭和レトロなリノベーション銭湯[品川区・西小山]

品川区_西小山_東京浴場_外観正面東京銭湯
東京銭湯

今回の銭湯は、東急目黒駅から3駅、個人商店が多く残る”西小山”にある【東京浴場】さんです。東急目黒線西小山駅から徒歩1,2分とアクセス抜群です。

2019年5月に一度、閉店しましたが2020年7月にリニューアルオープンしました。
※品川区の大井町にも同名の「東京浴場」がございますが、今回は西小山の「東京浴場」です。

“東京浴場”の概要

ℹ️ 銭湯情報
・朝営業 5:00〜12:00
・24時以降営業 2時まで
・1人用サウナ(1,600円/入浴料込み)(入浴時間込み90分)
・水風呂
・冷水機
・ボディソープ、リンスインシャンプー備え付け
・ドライヤー無料
・化粧水備え付け
・漫画7000冊
・くつろぎスペース
・電子決済可能

⏱営業時間
 5:00〜12:00 14:00〜26:00

📆定休日
 毎週火曜日(祝日の場合は翌日休)

🚃アクセス
 東急目黒線 西小山駅(MG04) 徒歩1,2分

🅿️ 駐車場
 なし

☎️電話番号
 03-6421-5739

📍住所
 〒142-0062 東京都品川区小山6-7-2

🗓訪問日
 数え切れないぐらい

♨️お風呂の種類
 〇 主湯
 〇 深湯
 〇 ぬる湯
 〇 水風呂 (ぬるめ)
 〇 サウナ (脱衣所)

🏛️ HP
 245tokyoyokujo – 西小山 東京浴場・X(Twitter)
 東京浴場 / Tokyo Yokujo♨︎ (@245tokyoyokujo)・Instagram

アクセス

西小山駅は各駅停車のみ停車します。地下ホームから地上に上がり、改札を出ると左に曲がり、ロータリーに沿って歩きます。

ロータリーの出入口付近にある横断歩道を右に渡り、立会道路にでます。すると、すぐに「江戸見坂下」交差点があり、右に曲がると【東京浴場】さんに到着です。

ちなみに、【立会道路】を直進すると旗の台方面に向かいます。この道を10分ほど歩くと、【錦湯】さんがあります。

一度は閉店。継業により再オープン

西小山はお隣の武蔵小山に隠れて知名度はあまり高くありませんが、駅を挟んだ東西に商店街が伸び、個人の飲食店が多い庶民的な商店街が駅中心に広がります。

そんな西小山の街に構える東京浴場は、2020年7月19日にリニューアルオープンしました。玄関付近の外観は先代の東京浴場の名残が強く残っています。

しかし、ビルの上階部分を見てみると本棚のようなデザインの壁が新たに描かれています。当時は西小山に住んでいたので、しょちゅう通っていたのですが夜に行くことが多かったので最初は気づきませんでした笑

オープン直後の外観

朝6時頃に訪れても10名弱のお客さんが既に入浴されていたり、夜に行くと人が多くて水風呂待ちが発生するなど「西小山の住人にも馴染んでいるな〜」と感じました。

大変貌を遂げたロビー

店内に入って、まず驚くのが2階まであるロビーと漫画の多さです。ロビーの至る所に漫画がセットされており、その数7000冊‼️ 漫画以外にも雑誌や新聞など読み物の豊富さに驚きます。

そして、2階席まで設けられていることにはもっと驚き‼️今までそんな銭湯は見たことなかったのでワクワクしちゃいました。空間をうまく使ったスペースだなと感心。

全面が本棚ではなく、個室スペースになっており、秘密基地みたいな空間になっています。ここもワクワクさせるポイントです。

フロントを通り過ぎたところには「フロナカ書店街」という、書籍を販売しているコーナーがあります。

ちなみに、私は「銭湯考現学採集」という書籍を購入しました。

古き良きお風呂

ロビー周りは改装されていますが、脱衣所と浴室は昔のままで昭和レトロたっぷりな空間です。ロッカーも渋みのある濃い茶色が時代を感じます。

浴室内も昔の設備を生かしたままで、カランや浴槽は往年の姿を保っています。レトロな雰囲気を好む私としては、とても情緒的な気持ちにさせてくれます。「トップ会館」という現在では閉店しているパチンコ屋さんの鏡広告がレトロさを更に深めています。

浴室の壁に目を向けると、イベント告知のPOPやスタッフさんが書く「東京浴場新聞」などお風呂に入りながら読むのも醍醐味。壁に張り付くタイプなので、手にとって読んでらっしゃる方も多くいます。

お風呂は、「主湯・深湯・ぬる湯・水風呂」そして脱衣所に「おこもりサウナ」があります。「あひる風呂」や「雨やどり風呂」などワクワクするような催しが頻繁に行われています。

主湯は4人ほど入れそうな湯船で、壁に噴泉があります。深湯にはジェットの座風呂が2基付いています。どちらも熱いお湯です。

浴槽はつながっていますが、一番外壁側にある浴槽がぬる湯となっており、体感では少し熱いと感じる温度です。主湯側にいると隣の浴槽から熱いお湯が流れ込んでくるので外壁側が体感では一番ぬるい場所です。

そして、水風呂は先代にはなかったお風呂で、井戸水掛け流しのブランデー樽が2基設置されています。この水風呂の温度が絶妙な温度でとても入りやすい温度です。深さも85cmあり、全身しっかりと浸かることができます。

また、水風呂横にはハッカの成分が含まれた霧吹きがあります。吹きかけると身体がスースーする霧吹きで、めっちゃさっぱりして気持ちいいです。ですが注意してください。吹きかけて最初の方は「全然効いてないやん!」と感じるかもしれませんが、段々と身体がスースーしてきます。かけすぎるとスースーし過ぎてもはや痛く感じるので、様子を見ながら吹きかけることをオススメします。

男女湯の壁際には、イスも6席ほど用意されているので水風呂後の休憩や火照ってしまった時などにお使いいただけます。

おこもりサウナもリニューアルオープン後に設置された設備で、電話ボックス型のサウナが男湯には2台、女湯には1台、浴室入口付近にあります。複数人が入室できる一般的なサウナと異なり、おひとり様専用のサウナとなっています。脱衣所・浴室は携帯電話の操作が禁止ですが、好きな音楽を携帯電話から流してサウナに入れるので、このサウナ利用時のみ操作可能です。

クリームソーダを頂く

湯船から上がり、脱衣所へ。脱衣所は冷房がよく効いており非常に涼しいです。ドライヤーや化粧水、耳かきなど無料で利用できます。

湯上がり後の飲み物は牛乳やコーヒー牛乳などの自販機以外にも、ビールやクリームソーダ、おつまみやお菓子も購入できます。

お風呂上がり後に好きな飲み物を頼んで、漫画を読んだり、Wi-Fiがあるので携帯電話を触ったりとのんびり過ごせる環境が整っています。

夜の帰り際に「おやすみなさい」と言ってくださるのほっこりしたなぁ〜

ギャラリー


コメント