このサイトは記事内に広告が含まれています。

【めがね温泉】入浴料のみでサウナに入れる開放的な空間のお風呂屋さん[大阪市生野区・田島] 

大阪市生野区_田島_めがね温泉大阪銭湯
大阪銭湯

今回のお風呂屋さんは大阪市生野区にある「めがね温泉」さんです。駐車場、コインランドリー完備でボディソープ&リンスインシャンプーも備え付けの上、入浴料のみで入れるサウナにラドンスチーム、露天風呂と設備が充実しております。

“めがね温泉”の概要

ℹ️ 銭湯情報
・サウナ(入浴料のみ)
・スチームサウナ
・水風呂
・露天風呂
・ボディソープ&リンスインシャンプーあり
・ドライヤー無料
・駐車場無料 4台(軽自動車・小型車専用)

⏱営業時間
 13:00~23:30

📆定休日
 不定休(年末年始・臨時休業あり)

🚃アクセス
 ・JR大和路線 東部市場前駅(JR-Q21)東口 徒歩15分
 ・大阪シティバス 田島三丁目バス停 徒歩3分

🅿️ 駐車場
 あり(4台/軽自動車・小型車専用)

☎️電話番号
 06-6758-0619

📍住所
 〒544-0011
 大阪府大阪市生野区田島4-2-20

🗓訪問日
 2023/12/12(火)

♨️お風呂の種類
 〇 深湯
 〇 小型の浅湯
 ・白湯
 ・電気風呂
 〇 ジェットがある浅湯
 ・ジェット
 ・座り湯
 ・バイブラ
 〇 露天風呂(日替わり湯)
 〇 水風呂
 〇 乾式サウナ
 〇 スチームサウナ

🏛️ HP
 【公式】めがね温泉 (@meganeonsen)・Instagram

アクセス

天王寺から1駅、奈良側に移動したJR大和路線東部市場前駅を下車し、東口から出ます。東口は2019年3月に新設された改札口で南北に貫く主要道路「今里筋」に面しています。

東口を出て、左に曲がり、今里筋を今里・京橋方面に向かいます。反対車線側には広大な敷地の百済貨物ターミナル駅があります。

百済駅前交差点で反対車線に渡り、引き続き今里方面に歩きます。右側には最寄りの駅名にもなっている大阪市中央卸売市場東部市場を通り過ぎ、しばらく直進します。

田島6交差点を通過し、TAJIMA COFFEEを過ぎて「村田病院」の手前の道を右に曲がり、150mほど進むと「めがね温泉」に到着します。

駐車場の案内

専用駐車場は4台分(軽自動車・小型車専用)

駐車場はコインランドリー側に4台分あります。駐車場の前の道路が狭隘なため、軽自動車か小型車のみが駐車可能です。

駐車位置には上記の看板があります。めがね温泉と併設のコインランドリー利用の方以外は駐車禁止で、2時間以上の駐車となっております。

実際見てみると確かに狭く、大型車がめがね温泉側に駐車してしまうと奥の駐車マスが塞がって入庫するのも駐車するのもかなり厳しそうでした。

近隣のコインパーキング

めがね温泉の駐車場は大型車が駐車できないのと駐車スペースが4台なので近隣のコインパーキングの案内もありました。

近隣のコインパーキングはこちら

①めがね温泉裏 「ブーブーパーク田島4丁目」
【駐車台数】:8台 
【料金】8:00〜19:00 60分200円
    19:00〜8:00 90分100円
    最大料金 24時間以内700円
    夜間最大料金 19:00〜8:00 200円
※2023年12月20日時点

②鶴橋街道沿い「エコロパーク田島第一」
【駐車台数】:8台 
【料金】8:00〜20:00 40分200円
    20:00〜8:00 60分100円
    最大料金 24時間以内600円
    夜間最大料金 20:00〜8:00 200円
※2023年12月20日時点
最新の情報は「エコロシティ株式会社」からご覧ください。


②田島郵便局横「PNP田島4丁目パーキング」
【駐車台数】:6台 
【料金】8:00〜19:00 30分100円
    19:00〜8:00 60分100円
    最大料金 24時間以内400円
    夜間最大料金 19:00〜8:00 200円
※2023年12月20日時点
最新の情報は「
P-next株式会社」からご覧ください。

ガラス張りロビーとめがね

浴室にも書いていますが、生野区田島はかつて日本一のメガネレンズ生産地でした。めがね温泉も田島がメガネの一大生産地であった頃の名残ですね。

そんな、めがね温泉の外観はガラス張りでフロントやロビーが外から見えます。大阪の浴場施工会社「ナニワ工務店」が設計した感じが凄くします。

灰皿の後ろにナニワ工務店と書いてありました‼️軟水とこの外観はそう思ってしまいます。

看板にはめがねのキャラクターが描かれています。屋号が示すようにメガネ色強めです。

無料のサウナと露天風呂

脱衣所は壁沿いにロッカーが設置されており、ドライヤーは無料でした。中央付近に長方形の長椅子が置かれていましたが、そこにスポーツ新聞があるのも銭湯といった感じで和みました。男女の脱衣所の仕切りの上には大型のテレビも設置されています。また、浴室入口付近にコップ式の冷水機も用意されています。

浴室は白色の高く開放感ある天井です。乾式サウナ室の上に謎の空間があり、「隣の浴室には2Fにお風呂あるんかな?」と思っていましたが、聞いたところ自然光を取り入れる空間だそうです。開放感ある浴室なのはこの空間のおかげでもあったんですね。

お風呂は男女湯の壁沿いにあり、入口側から「深湯・電気風呂のある小型の湯・ジェットと座り湯のある変形型浴槽」と続き、外壁沿いに洗い場があります。

2023年5月にリニューアルオープンされたそうですが、特に洗い場あたりが改装されたようです。シャワーヘッドや浴室イスが現代的なモノだったのでおそらく・・・洗い場の蛇口は古いタイプだったので(推測ですが)洗い場の上にはボディソープとリンスインシャンプーも置いてあります。

浴室の一番奥に「乾式サウナ・水風呂・スチームサウナ・露天風呂」とあります。

ジェット・電気風呂・露天風呂

男女湯の壁沿いのお風呂はどれも同じ温度帯で少し熱めのお湯です。深湯以外比較的浅い水深で想像よりも浅くて少し驚きました。

ジェット
ジェットはナニワ工務店施工店で見られる「中央・周囲・全開」の3段階ジェットが備えられています。中央は一箇所から周囲は外周のノズルから噴射されます。全開は中央と周囲のノズルから噴射され、強力ですが「イタタタタタ‼️‼️」とはならない気持ち良いジェットです。

座り湯
ジェットの右隣は座り湯で左右の「足・ふくらはぎ・背中」の6箇所に水流が当たります。隣のジェットと比べると弱いですが、優しく当たってこれもナイスです。

バイブラ(気泡風呂)
そして、左隣はバイブラ(気泡風呂)でブクブク気泡が噴出しています。頭の方には水枕と赤外線ライトがあります。目を瞑ってブクブク泡に当たりながら赤外線の赤い光と水枕のひんやりとした感触が自分自身がお湯に溶けてしまうかのような心地よい気持ちになりました。

電気風呂
その隣にある電気風呂は「揉む・押す・叩く」の3段階のモードを楽しめます。私は叩くの「トトトトトトト」のモードが体が小刻みに振動して楽しかったです。

露天風呂
露天風呂にはプラスチック製のイスが3脚用意されており、外気浴が可能です。以前は洗い場があったそうですがリニューアル時に外気浴スペースに転用したそうです。空を見上げると正面には鉄塔の煙突がそびえ立っております。お風呂は岩風呂で日替わり湯のようで当日は岩塩の「ブラックソルト」でした。そして、ねこのイラストがある看板が可愛い‼️

サウナ(乾式/スチーム)・水風呂

乾式サウナ
浴室に戻り今度は乾式サウナへ。浴室に面しているところはガラス張りでサウナ室内外どちらからも様子がわかります。室内は2段式で座面が高めになっており、最下部の床には人工芝が敷かれています。収容人数は10人は入れる大きさです。5分計がサウナストーン近くに1つ、水風呂側に3つ縦に並んでいます。またテレビも用意されています。

温度計は96℃と表示されていましたが、最初に入った時は身体が冷えていたのかそこまで熱く感じませんでしたが、3回目はバッテバテですぐ汗が吹き出しました。

まだ外が明るかった事もあるかもしれませんが密室な空間ではなく、四方の壁のうち2面がガラス張りな事もあり開放的なサウナ室に不思議な気持ちになりました。

ラドンスチームサウナ
スチームサウナは5人ほど入れそうな大きさで、横一列に石のイスがあります。扉を開けた瞬間、白いモヤッとした蒸気がこちらへ。肉まんの蓋開けた時みたいでした笑

ラドンスチームサウナは湿度が高いので乾式サウナに比べて低温でも体感はめっちゃ熱く、毎回なんですがイスに座ったらお尻が「熱っぅぅぅ」てなっちゃいます。

そんなスチームサウナですが時々ある耳がめっちゃ痛くなるなど無く、熱すぎて入っていられないという事態にはならずにゆったり満喫できました。

水風呂
水風呂は乾式サウナとスチームサウナに挟まれたところにあり、大きくはないですが深さがあります。水温は体感で15〜16℃ほどでしっかり冷えていました。

人気のお風呂屋さん

16時半ごろに来店しましたが次々にお客さんがめがね温泉に入って行き、「こんな時間でもめっちゃ来るやん!」と思いましたが常時賑わっていました。

地元のお客さんが多いようで自転車がズラ〜〜〜と並んでいました。サウナも満室の時があり、浴室内にも10名ほどが常時いました。

お風呂上がりはコーヒー牛乳でクールダウン。からっからに乾いた喉に冷えたコーヒー牛乳が染みる染みる。身体ポカポカで若干の眠気に誘われつつ家路につきました。

ギャラリー



コメント